次世代を担う子どもたちのために、今、オトナが企業が社会ができることを。

「次世代を担う子どもたちのために、オトナとして親として、何かできないか?」という思いから自然発生的に集まった有志による,プランニング・プロデュースチーム。子育て中の父親・母親、子ども関連ビジネス経験者を中心としたメンバーが、リアルな視点と高いモチべーションで、子どもとその親・祖父母、子育て社会に関する各種プランニングから実施までをサポート。独自の情報発信、コンテンツ開発も行っています。

活動実績

  • 広告・販促コミュニケーション、イベントなど企画・プロデュース
  • ターゲット研究…子育て中のパパ・ママ、小学生、育メン、育G(イクジイ)など
  • オリジナル調査パネルの構築…育メン「高感度パパパネル」、小学生「子どもの本音ネット&トーク」
  • コンテンツ開発…「育G新聞」
  • 関連有識者、NPO、団体などコーディネイト

ニュースレポート・アーティクル

メディア・講演

  • 2013年11月7日JRホテルクレメント高松で、斉藤研究主幹が「次世代高齢者の価値観とライフスタイル」の講演を行いました。
  • ジセダイ社外セミナー(企業・メディア・団体向けフォーラム)(第1回2009/3/12、第2回2011/9/21)
  • 立教大学寄付講座(2012/1/13)
  • JNNデータバンク会員社セミナー(2010/3/17)
  • あんふぁん「今ドキじいじ白書」(2012/10月号)
  • 夕刊フジ「イクメンがベビー用品市場を変える」(2011/12/1)
  • 日経新聞「エコノ探偵団~男の子向けキャラクター商品なぜ人気?」(2011/11/4)

プロジェクト