あなたは、なぜ「自分に似た人」を探すのか
―崩壊する「大衆」と「台頭」する鏡衆―

あなたは、なぜ「自分に似た人」を探すのか
発売:2008年10月20日
著者:宮城美幸(電通総研 消費者研究センター)
出版社:講談社
最近、明らかにヒットのパターンや仕組みが変わってきています。その新しいヒット現象を牽引している注目層が、本書でご紹介している「新しい大衆=鏡衆(きょうしゅう)」たちです。彼らは、電通調査で全体の43%を占めており、これからの消費と社会を動かすキーとなる人たちと言えます。「自分に似た人」を探す癖をもち、また同時に、鏡のようにお互いに嗜好や欲求をうつしあって反射拡大していくチカラをもつ人々。彼らの<共振>によって、これからどんなマーケティングの可能性がでてきているのか。皆様のビジネスのヒントにぜひご一読下さい。(本書は、『わたしたち消費』の続編にあたるものです。)
【 目次 】
第1章 新しい“つながり現象”が始まった!
第2章 4つの心理的背景
第3章 共振する人々=“鏡衆”の誕生
第4章 鏡衆が生み出す新たなヒットパターン
第5章 鏡衆視点から社会現象を読む
第6章 鏡衆の力で日本を変える ~消費の活性を促す7つの手法~
第7章 鏡衆が切り拓く新しい社会と消費