情報メディア白書2014

変化が明らかになったオーディエンスのメディア接触行動

情報メディアのデータ&テキストブック、「情報メディア白書2014」が2014年2月14日に刊行されます。
各業界の最新動向を「分かりやすく」「見やすく」分析・紹介する、という編集方針のもと、日本の情報メディア産業を13分野にわけて詳細に分析しております。

今回は巻頭特集Ⅰを3部構成としました。【巻頭特集Ⅰ】①「イエソトでのメディア行動は?」では、屋外にいる人のメディア接触行動を、7つのシーンに分けてそれぞれまとめました。②「メディア多様化はオーディエンスをどう変えるのか」では、インターネットの利用が定着し、スマホやタブレットが主流となってきたことにより、メディア環境、特に家の中でのメディア利用は大きく様変わりしました。自宅内でのメディア行動が実際にどのように変化したのか確認し、それがメディアやコンテンツのサービスにどのような変化をもたらすのかまとめました。③「2020年東京オリンピックへの過去/現在/未来ロードマップ」では、1964年に開催された東京オリンピックから2012年のロンドン五輪までを様々な視点でまとめています。また【巻頭特集Ⅱ】では「新しいメディアの潮流」と題し、2013年で主だった7つのトピックスについてまとめました。

情報メディア業界関係者をはじめ、市場調査、企画、事業戦略に携わる方から、業界に関心のある一般の方々まで、幅広い用途にご利用頂けます。

情報メディア白書2014 変化が明らかになったオーディエンスのメディア接触行動
発売:2014年2月14日
編集:電通総研
出版社:ダイヤモンド社
定価:本体16,000円(税抜)
※2014年4月より消費税が変わりますので、金額も変わります。
情報メディア業界のトレンドが一目瞭然
  • 図版点数600点!必要な情報の全てが揃う
  • 国内情報メディア13分野を詳細に分析、関連データも充実
  • 「業界全体の動向」「産業構造図」で各業界の概要を整理
  • 巻頭特集は「変化が明らかになったオーディエンスのメディア接触行動」
【 2014年版の内容 】
★特集Ⅰ:変化が明らかになったオーディエンスのメディア接触行動
1 「イエソト」でのメディア行動は? 電通アウターオーディエンス調査
2 メディア多様化はオーディエンスをどう変えるのか
3 2020年東京オリンピックへの過去/現在/未来ロードマップ
★特集Ⅱ:新しいメディアの潮流
~2013年のメディア・IT企業の動向~
スマホ・タブレット/iPhone・iPad/ソーシャルメディア/パズドラ/Spotify/著作権法改正/4K・8Kテレビ
★第Ⅰ部:情報メディア産業の動向
新聞/出版/音楽/劇映画・ビデオソフト/アニメーション/ゲーム/地上放送/衛星放送・ケーブルテレビ/通信/コンテンツ・サービス/広告/通信販売/イベント
★第Ⅱ部:情報メディア関連データ
情報利用時間/情報支出(家計調査)/情報支出(家計消費状況調査)/ハード普及率/情報メディア関連産業/ハード出荷/情報価格/主要情報メディア産業/マクロ統計