情報メディア白書2013

スマートプラットフォーム化が進む2013年

情報メディアのデータ&テキストブック、「情報メディア白書2013」が2013年1月31日に刊行されます。
情報メディアが“スマートプラットフォーム化”へ進みつつある昨今、各業界の最新動向を「分かりやすく」「見やすく」分析・紹介する、という編集方針のもと、日本の情報メディア産業を14分野にわけて詳細に分析しております。

今回は巻頭特集を2部構成と致しました。【巻頭特集1】では、それぞれの専門領域に精通する電通有識者へのインタビューをもとに、2012年から2013年にかけてのメディア環境を電通総研独自の視点で編集致しました。【巻頭特集2】では、日本の戦後から現在に至るまでの情報メディア産業の可視化を試みました。また、巻頭特集を全ページカラー化致しました。

情報メディア業界関係者をはじめ、市場調査、企画、事業戦略に携わる方から、業界に関心のある一般の方々まで、幅広い用途にご利用頂けます。

情報メディア白書2013 スマートプラットフォーム化が進む2013年
発売:2013年1月31日
編集:電通総研
出版社:ダイヤモンド社
定価:本体16,800円(税込)
情報メディア業界のトレンドが一目瞭然
  • スマート化、メディアのソーシャル化の動向を解説
  • 「業界全体の動向」「産業構造図」で各業界の概要を整理
  • 「国内情報メディア14分野を詳細に分析。関連データも充実
  • 図版点数600点超!必要な情報の全てが揃う
【 2013年版の内容 】
★特集Ⅰ:【巻頭特集1】スマートプラットフォーム化が進む2013年
★特集Ⅱ:【巻頭特集2】拡大する情報メディア産業の軌跡~市場規模1945~2010~
★第Ⅰ部:情報メディア産業の動向
1.新聞 2.出版 3.音楽 4.劇映画・ビデオソフト 5.アニメーション 6.ゲーム 7.ラジオ 8テレビ(地上波) 9. 衛星放送・ケーブルテレビ 10.通信 11.携帯電話 12.インターネット 13.広告 14.通信販売
★第Ⅱ部:新しいメディアの潮流
1.2012年のグローバルメディアの潮流 2.スマホ/タブレット 3.iPhone/iPad 4.アプリマーケット 5.GREE/Mobage 6.Hulu/Netflix 7.Kindle/kobo 8.著作権改正と国際条約
★第Ⅲ部:情報メディア関連データ
1.情報利用時間 2.情報支出(家計調査) 3.情報支出(家計消費状況調査) 4.ハード普及率 5.情報メディア関連産業 6.ハード出荷 7.情報価格 8.主要情報メディア産業 9.マクロ統計