超高齢社会マーケティング
―8つのキーワードで攻略する新・注目市場の鉱脈―

超高齢社会マーケティング

発売:2014年12月18日
編著者:電通シニアプロジェクト 斉藤徹
出版社:ダイヤモンド社

シニア市場攻略・再始動!
「超高齢社会」とは、65 歳以上の高齢者が総人口の21%を超えた社会を指します。世界保健機構(WHO)の定義によるものです。日本は2007 年世界最速でこの水準を突破しました。
また2007 年は団塊の世代のリタイア・ブームと重なり、100 兆円と見積もられたシニア市場をめぐって、シニアシフトのマーケティング施策が百花繚乱の様相を呈したことも記憶に新しいところです。
しかし、それは多くが不発に終わったと言えるでしょう。2006 年の「高年齢者雇用安定法」改正により、企業は60 歳の定年年齢を引き上げ(あるいは廃止)、リタイアせず働き続けた団塊の世代が多数を占めたことがその大きな要因でした。
そして2012 年以降、ふたたび団塊の世代が本格的なリタイア・フェーズを迎えつつあります。またぞろシニア市場をめぐる攻防は大きな広がりと深化を遂げているというのが、いまのシニア市場の位置づけと言えます。
本書は、こうした超高齢社会と高齢者市場をどのように捉え、いかにビジネスを展開していけばいいか、2000年からスタートした電通シニアプロジェクトが蓄積した豊富な高齢者に関するインサイトと知見、そのネットワークの力を結集してまとめた中間報告となっています。
【 目次 】
第1 部 高齢者市場の全体像を掴む
これだけは知っておきたい超高齢社会の傾向と対策
  • 第1章 これまでの延長で考えると失敗する!
  • 第2章 年齢ステージ別の意識変化
  • 第3章 高齢者は何を、なぜ、どう買っているのか?
  • 第4章 タイプ別高齢者へのアプローチ法はこれだ
第2 部 攻略の切り口を設定する
超高齢社会を攻略する8つのキーワード
  • 第5 章(キーワード1) 自分ゴト化Ⓡ
  • 第6 章(キーワード2) キモチ年齢・カラダ年齢
  • 第7 章(キーワード3) 時間消費
  • 第8 章(キーワード4) 多死社会
  • 第9 章(キーワード5) おひとりさま
  • 第10 章(キーワード6) なじみとこだわり
  • 第11 章(キーワード7) 納得コミュニケーション
  • 第12 章(キーワード8) 第3 の場所
第3 部 マーケティングを実践する
超高齢社会で使えるマーケティング手法
  • 第13 章  生活行動調査
  • 第14 章 商品企画
  • 第15 章 広告表現
  • 第16 章 店づくり
  • 第17 章 商品パッケージ